お薦め

「人体と水の関係」

私たち人間の体はおおよそ60%~~70%が水分でできているそうです。
赤ちゃんなんて、なんと80%が水なんですよ!ビックリしちゃいますよね。
まぁ、ほとんどが水分であるということですね。
こういったことからもわかるように、私たち人間にとって、水というものは生きていく上で欠かせないものなのです。

では、私たちはいつもどれほどの水を摂取しているのでしょうか。
おおよそではありますが、私たちの体には、1日で2.2L以上の水が必要といわれているのです。
2.2Lというと、1Lのペットボトルが2本あってもまだ足りないくらいですから、相当な量ですよね。
いつでもどこにでもあるから、その貴重性に気付かないでいますが水というものはとても大事な存在だったのですね。

水の中でも天然水というものが今話題になっていますね。
コンビニに行けば、なんとかの天然水、なんていう名前でペットボトルが売られているくらいです。
この天然水にはミネラルなどが豊富に含まれています。
私たちが日ごろ食生活などからなかなかとれないでいるミネラル成分を補ってくれるのです。
しかし、たくさん飲めばいいというものでもありません。
以前はとにかくたくさん飲めばいいみたいなことが言われていた時期もありましたが、最近はそうではなくなってきたようです。

水は過剰に摂取し過ぎると、細胞の外側部分の液自体の浸透圧が急に下がってしまいます。
悪くすると、低ナトリウム血症による頭痛を引き起こす可能性も出てきます。
かといって、不足すれば脱水症状などの症状も引き起こしますから、その加減を調整しなければなりません。

私たちの体の中は、毎日たくさんの老廃物を生み出してしまっています。
それらをうまく外へ排出するためにも水の摂取は必要になります。
尿や汗、涙など、水分を外へ排出するということは、その時に老廃物も外へ押し出しているのです。
ですから、尿や汗などが出なくなってしまうと、老廃物が私たちの体の中にたっぷりとたまっていってしまうのです。
そうならないようにするためにも、毎日適度な水分を補給してあげましょう。
ウォーターサーバーとミネラルウォーターの違いについても参考にご覧ください。